" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
なんと!、まわりにおだてられてブログ再開しました
物好きな方々はぜひお越しください。M
このタイトルをクリックで新しいブログに飛びます→ ニューストレックⅡ

ホンダ F1エンジン開発着手

ホンダ F1エンジン開発着手

なんという嬉しいニュースでしょう。ホンダが噂されていたF1用エンジンの開発に着手したそうです。

2014年からF1のルールが1600ccV6ターボエンジンを義務付ける事に、環境面に配慮した今回の改定が、市販車への技術フィードバックが期待できるメリットをもたらすためで、

ホンダがタッグを組む相手があのマクラーレンとなれば、アイルトン・セナ、アラン・プロストと共に無敵を誇った「マクラーレン・ホンダ」が復活する事になる訳です。

F1に詳しく無い方でも、このマルボローカラーのマクラーレンホンダMP4/6とアイルトン・セナを見た事が無いと言う方は少ないと思います
HondaMP4-6Senna.jpg

当時も、ホンダのエンジンは1500ccV6ツインターボで、車体に搭載できる燃料の量を少なくする規定が採用されたため、他のエンジンメーカーが燃費に悩む中、ホンダは逆に低燃費・高性能で差をつけて連戦連勝状態でした。

天下無敵のホンダRA168エンジンです
HondaRA168.jpg

今でこそ当たり前みたいになったホンダ車のV-Tecエンジン技術は、まさしくF1エンジンから生産車へのフィードバックでしたが、

現在の2400ccV8なんて、搭載してる市販車探すの大変なスペックのF1エンジンからは、エコを考慮した生産車の小排気量化に、フィードバックできる技術が少ない、

と言うより、世の中と違う方向へ開発の矛先が向いてしまっていましたので、今回の1600ccV6ターボと言う省エネを考慮したルール変更が採択されてなければ、ホンダのカムバックはあったとしても、まだ先の話だったのではないでしょうか。

それにしても、今のF1のあのグロテスクなデザインはなんとかならんものでしょうか。

私のような古い人間は、「美しいクルマは速い」と信じていたいんですけどねえ。

藤本義一 病気こじらせ死去

藤本義一 病気こじらせ死去

直木賞作家で脚本家の藤本義一さんが、病気をこじらせ、死去されたとのニュースが入ってきました。

藤元義一さんは若い頃から白髪が多かったそうです
Fujimoto Giichi.jpg

藤元義一さんはもともと、ラジオ・テレビドラマの脚本や舞台を中心とした脚本家が本職と言えるのでしょうが、映画の世界でも勝新さんの代表作のひとつ、「悪名シリーズ」などのヒットシリーズも手がけていましたし、

60年代後半から小説家として執筆を始めると、
もう74年に上方落語家の半生を描いた「鬼の詩」で第71回直木賞を受賞し、
87年には「蛍の宿 わが織田作」で第7回日本文芸大賞を受賞と、
有無を言わせない天才作家としておおきな存在でした。

大学在学中に、もう芸術祭文部大臣賞を受賞するぐらいですから、
、まあ本物の天才と言っていいでしょう。

中年以降の方にとって、藤元義一さんはあの名(?)番組「11PM」の司会者として、
頭の良さとスルドイ洞察力をもって「政治から性事」まで幅広く、キレのいいシャレの効いたコメントに替えてしゃべる、
それこそオトナのお色気番組にうってつけの名司会ぶりを、覚えている方も多いと思います。

でも当時革新的だったテレビでのお色気番組の司会と言うことで、NHKや民放からの脚本依頼が無くなったとの事ですが、

さすが天才、ここからが違う、「11PM」の司会を始めたのが1965年ですから、
脚本の依頼がこなくなったら今度は小説家として、
「11PM」継続中に前述のとおり直木賞、日本文芸大賞を獲っちゃうんですから小気味がイイですよね

藤元義一さんて、さんまや島田紳助、松本人志なんかには酷評する事が多かったようで、
特に松本人志はその事を根に持ってヒドイ事を著書に書いてるようですが、
オール阪神・巨人、B&B、太平サブロー・シロー、宮川大助・花子なんかの、
今では関西「漫才」の大御所といわれる人達を、主宰していた若手の勉強会から続々と輩出してきたワケですから、
多分、さんまや島田紳助、松本人志なんかに手厳しい酷評をしいていたのは、「漫才師」としてもっと修行を積んで欲しいと言う事だったような気がします。

それにしてもまた天才をひとり失ってしまいました。
ご冥福をお祈りします。

山中伸弥京都大教授 ノーベル医学生理学賞

山中伸弥京都大教授 ノーベル医学生理学賞

12年のノーベル医学生理学賞は、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(50)と、英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士が受賞することになりました。

その研究成果の偉大さから、この人が受賞しなけりゃだれが受賞するのかわからん位の人だと思ってました。
ips細胞ってなんだかご存じですか?

ヒトが生まれるきっかけである妊娠って、1つの卵子と言う細胞が受精して、それから気の遠くなるような分裂を繰り返して人間を形成してゆくもんですよね。

つまり、人間の体にはいろんな種類の細胞があるけど、元をただせばひとつじゃないか、

だったら、一人一人の元になった細胞が人工的に作れれば(これがips細胞)、

たとえば他人から臓器を移植しなくても、
自分のips細胞を元に無くした臓器を作ってしまえることになるわけです

しかし、本来分裂を繰り返した行程はさかのぼる事が出来ず、分裂する前の細胞には自力では戻れませんでしたが、

あらゆる組織や臓器に分化する能力と高い増殖能力を持つ「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を使えば、

新たに「自分の」臓器や筋肉、骨なんかも作れるわけで、事故で手足を切断した人や、内臓を病気で失った人など、応用は計り知れません

だからある意味山中伸弥教授は、今最も「神」に近い人間と言えるのかも知れません。

そしてノーベル賞の受賞、あたりまえです。

あまりにも凄すぎて、テロや暗殺の対象になりそうで心配です

何卒、日本政府はこの偉大な天才に重要度特1レベルの警護態勢をしいてもらいたいです。

山中伸弥教授まだ50歳です、いわばこれから一番油が乗ってくる年齢になるわけですから、もう医療の世界の救世主になるであろう事は容易に想像がつきます。

なんと誇らしいことではありませんか

チンパンジー パン君 引退前にご乱心

チンパンジー パン君 引退前にご乱心

「志村どうぶつ園」の人気者、チンパンジーのパン君が、

「自宅」でもある熊本県の観光施設「阿蘇カドリー・ドミニオン」で、トレーナーの宮沢さんとこの日3回目のショーを終えたところ、

そばにいた福岡市の専門学校から研修で来ていたという女性スタッフに駆け寄り、かみつくなどして大けがをさせると言う事態が起きてしまいました。

観客には被害は無く、けがした女性スタッフも命に別条は無いとのことですが、何が原因でパン君が急に襲ったのかは分かっていません。

チンパンジーは5歳ぐらいから繁殖期に入り、同時に凶暴性を発揮するらしいのですが、
ちょうどパンくんは現在4歳で、今回の公演が「引退作品」となり、済んだら来年の4月から繁殖の準備に入る矢先の事だったみたいです。

いくら知能が高いと言っても動物なんだから、危ない時期にさしかかってても引っ張ってショーに出すなんて儲け主義が招いた結果だと言う声も多いですが、

獣医の知り合いに聞いた限りでは、
ここまで人間に慣れた動物が人を襲うには、なにかきっかけがあった可能性が高いと言うんですよ。

つまり、被害を受けた女性スタッフに原因があるんじゃないかと言う事です。
別に彼女に落ち度があったとか言う訳じゃなく、
動作のクセとか匂いとか、あるいは生理中だったとか、
あまり経験が無いそうなので、もしかしたら知らないうちにパンくんが危険を感じる範囲に忍び寄ってしまったのかも、
でゴルゴ13みたいにパンくんが反応してしまったのかも知れません。

しかしながら、やはり今回の事は教訓として、今後に生かさないとならないとは思います。

ニールアームストロング アポロ11号船長 死去

ニールアームストロング アポロ11号船長 死去

アポロ11号で人類で最初に月面に降り立った、ニールアームストロング船長が82歳で死去されたそうです。

一般的にはニールアームストロングと言えば、最も有名な宇宙飛行士のひとりですが、
飛行機、それも戦闘機が好きな少年時代を送った者には、最も有名なテストパイロットのひとりでもあります。

ジェット戦闘機が初めて実戦投入された朝鮮戦争では、パイロットとしていくつもの伝説を残していますが、
ニールアームストロングと言えば、なんと言ってもアメリカの超音速機開発計画のパイロットとして「スカイロケット」から「X-15」それに日本でも航空自衛隊で使ってた「F-104」の開発にもかかわっていました。

特に「X-15」では数々の飛行記録を残していて、当時「X-15」のプラモデルが品切れになるほど子供たちの夢を膨らましていました。

だから宇宙開発計画が始まると、中核的なパイロットとして、ジェミニ計画からアポロ計画まで何度も船長を務めるほどの「適性」を持っていたのでしょう。

宇宙飛行士を引退した同僚には政治家になる人たちもいましたが、ニールアームストロングが尊敬を集めているもうひとつの側面として、アメリカが独自の正義感を元に「世界の警察官」として行動することに反対していた事があるでしょう。

でもやっぱり、世界中の航空機好きにとってニールアームストロングは、チャックイエイガーと並んで最も優秀なパイロットとして記憶に残り続けるでしょう。

ご冥福をお祈りします。

坂上みき 不妊治療

日テレの「PON!」でDJミッキーとして知られる超有名タレント、パーソナリティーの坂上みきさんが、不妊治療の結果53歳で妊娠している事を発表しました。

不妊治療での妊娠は、子供がダウン症などの障害をもって生まれる確率が高いと言われ、しかも坂上みきさんのように高齢での妊娠となると、なおその確率が高まるのではないかと、非難するコメントが多くアップされている様ですが、

坂上みきさんだってそんな事は百も承知での不妊治療だったでしょうし、
ニュージーランド人のダンナは、12歳年下ですから現在41歳。

坂上みきさん1人ではキツイかも知れないけど、ダンナはむしろ男としてこれから脂がのってくる歳ですから、子育ては大丈夫だと思いますし、

坂上みきさんのこれまでの経歴を見ても、外国人をダンナにするなんてのを見ても、
子供には良い意味で早くから自立する事を教えるでしょうから、周りがとやかく言う事では無い事だけはまちがい無いと思いますがねえ。

また、坂上みきさんの年齢が普通閉経している歳だと言う理由で、卵子提供を受けたのではないかとの憶測も飛びかっているようですが、それこそ二人だけの問題であって、ご本人も真相を語る事は無いでしょう。

妊娠8カ月まで待っての発表に強い意志を感じます。

今後とも大きなエールを送らせて頂きます。


GEROCK(ゲロック) ゲロルシュタイナーの音楽プロジェクトがおもしろい

GEROCK(ゲロック) ゲロルシュタイナーの音楽プロジェクトがおもしろい

GEROCK(ゲロック)とは、ドイツ産天然炭酸水「GEROLSTEINER(ゲロルシュタイナー)」のキャンペーンとして、今年の4月から展開されている世界初の音楽プロジェクトなんだそうですが、知りませんでしたねえコレ。おもしろい!

なにがおもしろいかって、このGEROCK(ゲロック)プロジェクトって、
アーティストが演奏する音楽に、

天然炭酸水から生成される音(シュワシュワって音)をサンプリングしたものをベースにして、

「独自のエフェクト音」に変換する
「GEROCK EFFECTOR(ゲロック エフェクター)」が使われ、

今までに無い、初めて聞く音感になっていることなんです。

メイキングの動画がありますのでご覧ください


そして、今大注目のオオカミバンド「MAN WITH A MISSION」と映像監督「関和亮(せき かずあき)」が制作したPVは、YouTubeで30万回を超えるDLとなっているそうです

これがそのPV


この炭酸エフェクトを生み出す「GEROCK EFFECTOR(ゲロック エフェクター)」に内臓されているプログラムを、音楽エフェクターソフトとしてGEROCK公式ページ内から無償でダウンロードできるようになったと言うのです!

う~む、押し入れからほこりをかぶってるギターを引っ張り出してこようか

このGEROCKプロジェクト。
コラボしているアーティストも、今注目されているアーティストばかりで、
PV第二弾はバイオリンとロックを融合させたバンド「BIGMAMA」が決定していて、
そのメイキング動画もGEROCKのHPにUPしてありました。

この先、何作コラボしてゆくつもりなのかは分かりませんが、こんなユニークなプロジェクトが増えて欲しいデス

「人体の一部を食べる」イベントに世界も騒然

「人体の一部を食べる」イベントに世界も騒然

1日のニュースでネットが騒然となった「人体の一部を食べる」と題した人肉食イベントの事が、世界でも注目されているようです。

殺した相手の人肉を食べる猟奇事件は、世界中で時折報道されていますが、

今回の話が違うのは自分の性器を「人体の一部を食べる」イベントと銘打って、来たお客にそれなりのお金を払えば人肉食ができるとしたことで、

主催した自称アーティストの事は、「ただのバカ」とか「単なるキチガイ」と評して、だれもこれがアートだとは認めていないようです。

日本でも出産の際の「後産」、つまり胎盤を食べる習慣が古くから一部で行われてきましたが、これは本来動物が出産した後に自分の胎盤を食べることで、ホルモンが起動して母体の母乳を増産させる働きをする事が、本能的に解っているからだとされている事から、人間も産後の母乳が良く出るようにとの習慣が生まれたようです。

この「人体の一部を食べる」イベントを主催した自称アーティストも、自身の性器を切断した際の手術代をまかなうために人肉食イベントを思いついたと語っているそうですが、(つまり自分もアートだと思っていない)

「人体の一部を食べる」イベントと聞いて、お金を払ってまで集まった人間たちもいいかげんアブナイと言わざるをえませんし、4万円も払って実際にステージ上で食べた5人ってのは、この自称アーティストよりもむしろ要注意人物たちなのではないかと思いますがねぇ。
ひとりごと ブログトップ