" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
なんと!、まわりにおだてられてブログ再開しました
物好きな方々はぜひお越しください。M
このタイトルをクリックで新しいブログに飛びます→ ニューストレックⅡ

板野友美 CM女王 でも単独CMはヒトケタだよ

板野友美 CM女王 でも単独CMはヒトケタだよ

AKB48の板野友美さん、CM契約が篠田麻里子さんを抜いて21社となり、CM女王になったとマスコミが騒いでいます。

ネットでは、板野友美ってあんまりテレビでCM見ないのに、21社も出てるなんて知らなかったと言う声が多く、

それに対して、「それは、単独出演のCMでなくても1社に数えるからだ」「単純にAKB48のCMが多かっただけだ」と解説している事情通の投稿も目立ちます。

私も、板野友美がそんなに多くのCM出てるって印象無かったので、だったら、誰かと共演してるんじゃ無くて、板野友美が単独で出演してるCMって、どんなんがあるのか知りたくなってちょっと調べてみました。(シロウトが数えたんで、1つや2つ狂いはあるかも知れません)

2012年の1年間で板野友美が(限りなく)単独で出演したCM
プレナス「ほっともっと」
プロトコーポレーション「Goo」
イトーヨーカドー「ボディークーラー」
イーモバイル「Pocket WiFi LTE」
サマンサタバサジャパンリミテッド「サマンサベガ」
日清食品「カップヌードル」
バンダイ「データカードダス・アイカツ」

ざっと見て7社ほどでした。

そうすると、CMの契約企業数ランキングにあてはめた場合、だいたい20位ぐらいになります。
ちなみに、20位あたりのタレント名っていうと、

宮崎あおい、トリンドル玲奈、吉高由里子、桐谷美玲、仲里依紗って感じです。
まあ、完全に単独で出演してるCMというくくり方も無理がありますが、
このメンツなら、ああこんなもんかな、となんとか納得のいく露出度に感じましたがね

そんな訳で、「板野友美が21社もCMに出てる」と言う違和感には、自分なりに解決を見たんですけど、

AKB48ってあんなにたくさん居るのになんで、板野友美が1位で篠田麻里子が2位なんだ?
総選挙とやらの順位と違うじゃん、と私もこのニュースを聞いた時思ったんですけど、

オヤジ目線で見ても、やっぱこの二人はAKB48のなかにいると、他のコにくらべて、パッと見で際立つ特徴を持ってるように思えます。

企業だって、絶大な人気のAKB48をCMに使いたいと思うでしょうし、
AKBのなかから、だれかを選んでCMを作ろうとした時には、特徴的なコを選ぶだろうなと思います。

だけどCMの世界って、出演者の賞味期限には敏感なようですから、板野友美さんや、篠田麻里子さんが、末長くCM出演者の常連さんになるには、軸になる芸を今のうちに鍛えあげないともう時間無いですよ。

この方向は相当な演技力が要求されますよ
ItanoTomomi.png

こっちは飽きられたらほかに売り物無くなりますよ
ItanoTomomi7.jpg

そうするとこっちですかねえ
ItanoTomomi3.jpg


佐藤夏希 体調不良続くのはどの世界でも辞める前兆

佐藤夏希 体調不良続くのはどの世界でも辞める前兆

AKB48の佐藤夏希が学業専念を理由に突然のAKB卒業を発表しました。

まあこの佐藤夏希ってコの場合、ネット見るとしょっちゅう体調不良を理由に休んでたみたいなんで、卒業の理由が体調不良で無くても、

世間では、休みが多くなるのは辞めて次の仕事の準備したりしてる事が多いので、
管理職は、部下の休みが多くなると辞める前兆か、プライベートに問題が起こってるんじゃないかと察知するもんです。

佐藤夏希って総選挙なんかでも万年圏外だったみたいなんで、良く知らなかったんですけど、もう22歳だって言うんで、本人も言ってる様に、ホントに学業やるのかどうかは別としても、そりゃあ潮時ですわね。

22歳にもなってまだこんなカッコしてるのに疑問持っちゃったって事ですかね
SatohNatsuki.jpg

15歳の時から7年もAKBやって、結局いつも圏外になるぐらい人気も出ないし、
AKBにいたからアイドル気分になって自己評価が高かったのかも知れませんが、

一時はAKBのセクシー担当だなんて事になってた様ですが、
これ、舞台衣装らしいですけど、これで目一杯みたいです
SatohNatsuki2.jpg

学業だけでなく、なんかの稽古にしても、ピンでも世間で通用する「何か」を身に付けるって中途半端じゃあ絶対にムリですから、
まあ芸能界辞めるって言ってるようですから、ホントならもう佐藤夏希ってコを見る事もないんでしょうけど、ここからが自分にとっての正念場だと言う自覚を持ってもらいたいもんです。


AKB佐藤亜美菜 近野莉菜 文春に合コンスクープされた

AKB佐藤亜美菜 近野莉菜 文春に合コンスクープされた

発売中の週刊文春に、AKBの佐藤亜美菜、近野莉菜らがまたも朝の6時まで合コンしていたとスクープされてしまいました。

お相手は舞台「テニスの王子様」に出てる廣瀬大介と志尊淳らしいんですが、
問題は前田敦子や大島優子らが合コンやったって問題になってから、たった8日後にもう合コンやる連中が居たと言う事で、

特に志尊淳はまだ17歳ですから、「18歳未満のカラオケ店への深夜の出入りを禁止」している東京都の条例違反にあたるわけですが、

佐藤亜美菜21歳、近野莉菜19歳、廣瀬大介21歳と、他の連中は年齢的には問題無いものの、後から呼ばれて参加した志尊淳は違反年齢になります。

それにしてもそれぞれの事務所やAKBもナメられたもんですねえ。

佐藤亜美菜って6月の「総選挙」では21位だったようですが、近野莉菜も含めて芸能界に居たく無いんでしょうか。

これでクビになれば、ピンになった時AKBがどんだけブランド力無いか、いいかげん分かってるでしょうに。
つまりクビなら、口の悪い連中が言うように、AVぐらいしか芸能の世界に残る道無いと言う事ですよ。

目立ちたい、有名になってチヤホヤされたい、と思ってAKBに入ったんでしょ。
将来は女優にとか言うなら、こんなとこで遊んでないですよ。
必死になって稽古してますよ。

歳からしてもう遅いぐらいなんだから、
よっぽど必死にならないと、同い年でもずっと努力し続けて演技やってるコ達にかなうわけないでしょ

サイード横田絵玲奈 ハーフって途中で辞めるって意味だったんだ

サイード横田絵玲奈 ハーフって途中で辞めるって意味だったんだ

サイード横田絵玲奈が急にAKB48の研究生辞めるって発表したらしいです

パキスタン人のお父さんと、日本人のお母さんがいるハーフで、
AKB48のサイード横田絵玲奈と言うより、
お姉ちゃんが新体操日本代表のサイード横田仁奈と言う事で注目されたコですよね

こんなコなんですけどね、どうかなあ、日本人って濃い顔あんまり好きじゃないみたいだからなあ
Yokota Erina.jpg

受験勉強しなきゃいけない時だから、学業に専念するためにAKB48研究生辞めますって事ですが、15歳のコが判断した事じゃないでしょこれ

AKB48が飛ぶ鳥落とす勢いだったから、第12期研究生オーディション受けた
    ⇓
合格したんで売れっ子になれると思った
    ⇓
1年半やったけど、総選挙もダメ、じゃんけんもダメで全然人気が出ない
    ⇓
AKBはもうピーク過ぎて、後はすたれるだけ。
    ⇓
AKBに残ってても何のメリットも無いどころか、長く居すぎるとAKBの名前がじゃまになる
    ⇓
受験やってほとぼり冷ましたら、かわいい女子高生としてピンで売り出そう

ってとこですかね

お姉ちゃんが日本代表になれたのは、才能と努力があったからだと思いますが、もしかしたら周りの大人たちが、有名人が身内に居る事のうまみを知って、味をしめたのかも

多田愛佳 HKT48 移籍の理由

多田愛佳 HKT48 移籍の理由

AKB48悲願の東京ドームコンサートは、同時に2回目のチームシャッフル結果発表の場でもあったわけですが、移籍組の理由については、未だに良く判らんと言うのが大方の意見のようです。

移籍組のひとり多田愛佳(おおたあいか)は、ついこの間5人がいきなり抜けたHKT48への移籍が発表されました。

Oota Aika.jpg

理由として、本人は移籍は自分で決めたと言い、
「AKBにいても、選抜メンバーは卒業しなくて、上も下も詰まっていて、未来が見えなくなった。秋元(康)先生に相談したら「HKTに行ってみたら?」と言われ、HKTには明るい未来が待っている、明るい未来に向けて頑張りたい」とナルホドと思える説明をしていますが、

あれえ、そしたらあのショック隠しきれない様子とか、
ラストの「少女たちよ」を歌っているときにメソメソ泣いてたのはなに?
それにずっと放心状態だったらしいし

HKT行けば2番目の年長者になるし、若いメンバーを引っ張ってHKTを立て直す資質があると見込んだのか(17歳のコにはちと無理なんじゃない)、いろいろ建前は並べられているようですが、

総選挙で22位から52位にランクダウンして、支持層が大幅に減っているのが判ってるコがなぜ人気のテコいれになると思ったのか、そんなワケないからきっと理由は別のところにあるんでしょう。

多田愛佳って以前はHey!Say!JUMPの森本龍太郎と熱愛のうわさがあったり、渡辺麻友と「渡り廊下走り隊」に居たりして、多少話題にはなってたのは知ってたんですけどね

まあ普通にかわいいから、HKT行ったらいくらなんでも指原莉乃よりはかわいさでもうちょっと売れるかも知れないけど、

「明るい未来」を望むならヲタを相手にアイドルと言われるより、そんなに芸能界に居たいなら、しっかりとした演技とか、世界に通用するぐらいのダンスとか「技」を磨く事に必死になっててもいい歳だと思うんですが・・・

少なくともこれからアイドルを目指すって歳ではないし、カリスマがあるわけじゃないんだから、HKTでセンター張るとか先の無い事言ってないで、自分の将来をちゃんと考えて欲しいデス


AKB48 東京ドームチームシャッフル

AKB48 東京ドームチームシャッフル

AKB48悲願の東京ドームコンサートの初日アンコールで、AKB482度目のチームシャッフルが発表され、正規メンバー73人がほとんどチーム替えになるという大掛かりなものになってます。

それというのも、チーム4を廃止して従来のA,B,Kの3チームに戻したためにチーム4のメンバーが散って、それに伴って従来メンバーもシャッフルされたようです

このコンサート、題して「AKB48 in TOKYO DOME~1830mの夢~」とあるように、
一つ目の話題は秋葉原劇場から出発したAKB48の目標だった東京ドームコンサートが実現した事と、
二つ目に最終日が前田敦子の卒業式になると言うのが目玉だったところへ、チームシャッフルのアナウンスでビッグサプライズを演出した恰好になってるみたいです。

「組閣」と呼んでるのは多分、組頭が変わったからなんでしょう

チームAのキャプテンだった高橋みなみが総監督となり、
チームAのキャプテンには篠田麻里子が就任。
チームKのキャプテンが秋元才加から大島優子に変更。
チームBのキャプテンも柏木由紀から梅田彩佳に変更となった。


まあコアなファンにしてみれば、全ての意味が変わるぐらいの出来事なんでしょうから、「組閣」は単に組頭クラスの話じゃないんでしょう

本当のサプライズは、
総選挙11位の宮澤佐江の中国・上海=SNH48移籍、
同17位の高城亜樹のインドネシア・ジャカルタ=JKT48移籍
だったでしょう

なんでこの二人が海外に行く事になったのかは発表されてませんが、左遷だと言う声も聞こえてきます。だとするとまたなんかやったんですかねえ

このままじゃファンが黙っちゃいないでしょうから、いずれ「海外転勤」の理由も明らかになるでしょうけど、まあこれ位大掛かりな話題作りしないと、そろそろAKBも飽きられてきてるようですから

IQUEEN(アイクイーン) Vol.10 篠田麻里子 動画

IQUEEN(アイクイーン) Vol.10 篠田麻里子 動画

篠田麻里子が、写真集IQUEEN(アイクイーン) Vol.10で大人の色気を見せていると言うので検索してみたら、メイキングの動画がありましたのでご覧ください


篠田麻里子と言えばモデルや女優も盛んにやってますし、もう「AKB48の」を名前の前に付けなくてもいいんじゃないかと思います。

この動画もそうですし、プロモ用の画像もそうなんですが、
もう26歳なんだから、大人の色気をそれなりに持ってて欲しいのですが、
なんかどこかにアイドルっぽさを残したいという意図があるのでしょうか、
大人の色気と言うにはまだ足りない様に思えるんですよ

篠田麻里子自身はAKB48でいたいと言ってますが、真に受けるとAKB48篠田麻里子としての人気が心地よいので、ガチで女優やモデルとして評価される厳しさがしんどいと言ってるようにも聞こえてしまいます。

「大人の色気解禁」と言う見出しに期待したのですが、着ているドレスやポーズに関係なく匂い立つ様な色気、フェロモンと言えばいいんでしょうか、は御法度の恋愛をたっぷりこなすまで待つとしますわ




AKB48 岩田華怜 NHK冠番組

史上最年少でAKB48の正規メンバーに昇格した岩田華怜(かれん)が早くも、それもあのNHKで冠番組を持つそうです。

岩田華怜と言えば、ファン宛ての私信騒動とか、そのせいで解雇とかのうわさがかすかに記憶にありますが、

AKB48とは言え、中2がNHKの「明日へ1min カレンの復興カレンダー」でナビゲーターを務めるとはすごい話ですねえ。NHKもそれだけ話題作りにやっきなのかも知れません。

AKB48+中2の冠番組+仙台出身の被災者。てんこ盛りですねえ

しかも、事前に15分の「カレンの復興カレンダー・キックオフ特番」なんてのをやるそうです。特番ですよ特番

番組はタイトルの通り、たった1分間の番組ですが、冠は冠。
NHKの「明日へ~支えあおう~」と言うポータルサイトの中に、被災地で暮らす人たちが書いてる「現地発!明日へブログ」と言うのがあるそうで、ここから毎回一つの記事を紹介すると言う事らしいです。

岩田華怜。こんなコです。念の為
岩田華怜.jpg

大島優子 米日本映画祭で初受賞 「闇金ウシジマくん」

AKB48の大島優子が、今年で6回目を迎える北米最大の日本映画祭「JAPAN CUTS」で、若い才能に与えられる賞 「Cut Above Award for Outstanding Debut」を初受賞したと報じられました。

対象となった作品は、山田孝之さん主演の映画「闇金ウシジマくん」で、
大島優子はどうしようもない母親のせいでヤミ金に追われ、転落し破滅に向かうヒロイン鈴木未來(みこ)を演じています。

大島優子はこの役について、「今回の役柄は光と闇をさまよう難しいキャラクターで、演じる上で悩んだことも多かった」と話していますが、

この大島優子と言うコ、目鼻立ちは大きいのにハデな感じがしなくて、近所にいるカワイイ娘と言った印象を持っていたので、この作品の原作漫画やドラマを見ているだけに、ああ適役かもと思ってました。

大島優子も、小さい頃から子役として芸能活動していたとの事で、今まで映画やTVドラマに数多く出演していましたが、女優としての受賞は初めてになるそうです。

AKB48のオーディションを受けたのも、芸能活動がパッとしなかったので、最後のチャンスと思ったからだと言う事なので、AKB48のエース大島優子としてよりも、女優大島優子として評価された事は本人にとって心底うれしい事なのではないでしょうか。



AKB48増田有華 東京ドーム公演を辞退

AKB48増田有華 東京ドーム公演を辞退

AKB48の増田有華が、第3回じゃんけん大会に引き続き、稽古に専念するため東京ドーム公演も辞退するそうです。

東京ドーム公演と言えば、AKB48にとって目標としてきたイベントだそうですが、

現在稽古中のミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」は、
増田有華にとって、ガチのオーディションで宮本亜門の目にとまり、
めでたく主役ドロシーを射止めた舞台なだけに、AKB48にとっての悲願より、
増田有華としてのチャンスに賭けたい、と言う事のようです。

増田有華自身もブログで、東京ドーム公演と舞台を両立させるべきか迷った事を告白していますが、
AKB48のプロデューサー秋元康氏からも「やっとチャンスの順番がきたね」と言われた事も後押しとなり、舞台に専念すべきだと決意したそうです。

まあファンのほとんどは、「AKB48のファン」と言うよりも、「AKB48の〇〇ちゃん」のファンだと思われますので、東京ドームと両立するか迷ったなどと、もっともらしい事を言わなくても、「増田有華のファン」は離れはしないでしょう。

だってあの宮本亜門が、自ら「先入観無し」のガチでオーディションをやって選んだと言うんですから、

そのうえ宮本亜門氏は、増田有華を選んだ理由に「彼女の歌を聴いて号泣してしまいました。愛に満ちた壮大な世界観が伝わった」とまで言って絶賛したそうじゃないですか。

しかも演目が、あのブロードウェイや映画版などで大ヒットした名作「ウィズ」ですよ、

宮本亜門が、翻訳・演出を務め、一流のキャスト・スタッフを結集して制作する舞台の主役ともなれば、当然注目度は高いでしょうし、評判が良ければ役者としての将来には十分と言えるハクが付くワケですから、

「AKB48の増田有華」よりも大事なのは判り切った事だと思いますがねえ。