" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
なんと!、まわりにおだてられてブログ再開しました
物好きな方々はぜひお越しください。M
このタイトルをクリックで新しいブログに飛びます→ ニューストレックⅡ

橋本麗香 結婚 旦那の素性はチェックしたんでしょうね

橋本麗香 結婚 旦那の素性はチェックしたんでしょうね

モデルで女優の橋本麗香さんが、一般男性との結婚を発表しましたねえ。

かわいそうなことに、橋本麗香さんの旦那と聞くと、素性は大丈夫なのかねと思う人は多いんじゃないですかねえ。

関東連合の極悪ぶりはすっかり世間に知られる事になっちゃいましたからねえ。

橋本麗香さんもその辺は懲りてるはずですから、結婚しようかと思ったお相手ですから、しっかり「確認」はとれてると思います。

それにしても橋本麗香さんって、道端シスターズなんかと並ぶ、モデル界きっての美人だと思うんですけど、その割には認知度が低いような気がします。

橋本麗香ってこれですよ、こんな美人でなんでもっと有名にならないんだろう
HashimotoReika.jpgHashimotoReika3.jpg

おまけに、最近のモデルさんらしく胸も大きいし
HashimotoReika6.jpg

スペイン人の血が1/4のクォーターだから、化粧の仕方や映す角度によってエキゾチックさが必要以上に前に出て、日本人には外人感が強すぎるんですかねえ。
道端シスターズなんかも充分外人顔してると思うんですけど・・・

してみると、このロウ人形みたいに見えるCMは失敗ですかねえ。
私には目の小さい菊川怜に見えるんですけど・・・
HashimotoReika2.jpg

なんでこんな感じにしなかったんだろう
HashimotoReika7.jpg

まあでも、橋本麗香さんご本人の言葉からはラブラブなのが伝わってきますし、井川遥みたいに、充実した結婚生活で艶っぽさが加わると、どんだけイイ女になるのか是非拝見したいものだと思います。

菜々緒 JOY 熱愛 いつ結婚してもいいとJOYは言ってますけど

菜々緒 JOY 熱愛 いつ結婚してもいいとJOYは言ってますけど

なにかと本職以外でも話題の多い菜々緒さん、モデルのJOYさんとの熱愛を「女性セブン」が報じています。

菜々緒さん、西川貴教との交際は唯一長続きした交際だったようですが、過去にも中田ヒデや小栗旬、押尾学とかの噂に事欠きませんでしたけど、菜々緒さんの性格がキツイからみんなすぐ別れちゃったとの噂がもっぱらです。

その菜々緒さん、西川貴教と別れたら今度は一気に高身長のJOYさんとベタベタしてるそうですが、JOYさん、菜々緒さんと付き合ってまだ2~3ヶ月だと言うのに、仲間も周りに居る酒場で「おれらは、いつ結婚してもいい!」なんて叫んでたらしいですけど、本当にそこまでたどり着けるんでしょうかねえ。

菜々緒さん、容姿が売り物の業界で、最初にやったレースクイーンで、もうしょっぱなから「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー」をモデルとしては初受賞しちゃうし、

「プリンセスPINKYオーディション」準グランプリ、「ミス東京ガールズ・コレクション」グランプリと、キレイなコばかりが集まる世界で破竹の勢いでした。

当然、ファッション雑誌もほっときません、2010年からは「non-no」の専属モデル、翌年には「GINGER」の専属モデルになってますし、フジの「主に泣いてます」ではドラマ初出演でいきなり主役でした(さすがに演技は見てられませんでしたけど、まあ)。

菜々緒さん、写真集でも話題になりました
Nanao.jpg

まあねえ、こんだけのスタイルですからねえ
Nanao2.jpg

それにスタイルだけじゃなく、いろいろな賞が獲れるほどの美人だし
Nanao4.jpg

ちょっとしょうゆ顔入ってるから着物も似合うし
Nanao5.jpg

これでもうちょっとおとなしい性格だったら・・・

JOYさん、自称高橋みなみのファンを公言してたのに、菜々緒さんって全然タイプ違うんじゃないかと思うんですけど、
Joy.jpg

菜々緒さんって、いろいろとテレビで暴露しちゃう所なんかが、もしかしたら発散方法が違うけどAKBの高橋みなみとどっか性格的に似てる所があるのかも知れませんねえ。

まあ良く言えば「コソコソするのがキライ」な性格とでも言うんでしょうか。

このお二人、お互いどこに惹かれあったんでしょうかねえ。
これだけの容姿の菜々緒さんですから、性格うんぬん以前に、男なら本能的に攻めちゃうんじゃないかと思いますけど、

菜々緒さんのほうは、JOYさんがフジの「戦闘中」で2回も勝利したときのような、ちょっとワイルドなとこが気に入ったんでしょうか、

なんども言うようですが、この二人、JOYさんが叫んでるように結婚までたどり着くんでしょうか。私としては、それはそれでちょっとびっくりですけどね。




ローラ 父親に逮捕状 本人関係無いからスポンサーはつらいよね

ローラ 父親に逮捕状 本人関係無いからスポンサーはつらいよね

長い会議から出てきたら「ローラの父親に逮捕状がでた」ってニュースになってたんで、親切でひとにアドバイスしてたら違法行為だったってぐらいに思ってたら、組織的にやってるガチな犯罪集団の主犯格じゃあないですか。

当然、娘のローラは関係無いみたいだけど、ここまでモデルとしてがんばって来たのに、やっぱ世間的にはイメージダウンって事になるんでしょうか。

ローラさんが演じてる(?)キャラには激しく好き嫌いが分かれるでしょうが、喋りを聞く必要が無いモデルだけやってる時は、間違い無く現在トップクラスの売れっ子です
Rola.jpg

ローラさんをCMに起用してるスポンサーのこれからの反応が気になりますねえ。

「ローラさん本人には関係ない話」と太っ腹なところを見せて、企業イメージを良くしたいところでしょうが、結局は世間の反響がどれほどローラさんに同情的に盛り上がるかを見てみないとならないってとこでしょうな。

ローラバッシングが世間で盛り上がっても、スポンサー降りないって企業そんなに無いでしょう。どの企業もやっぱ世間のほうを向いて商売してる訳ですから

複雑な家庭環境に振り回されて波乱万丈の人生だったローラさんが、街でスカウトされた事から、今や毎日どっかで姿を見るほどの売れっ子モデルになるなんて、絵に描いたようなシンデレラストーリーとも言えるんですが、

これほどファッション業界やTVCMのスポンサーが、ローラさんを起用するからには、それなりの「運」と本人の努力があったはずです。
Rola2.jpg

不二家のペコちゃんみたいに舌だしてみせたり、「ん~、わか~んな~い」とか言ってたりするのも、親がちゃんと社会教育してやらなかったので、否応なく大勢に見られるようになっても、何もわからないままの自分を守ろうとしてるように見えて、なんか私には見てて痛いです。

お節介なおっさんとしては、うんと年上の人生経験豊かで、懐の深い中年と本気で恋愛する事をお勧めしたいんですがねえ。

このコを殻から外へ連れ出すなんて、よっぽどの相手じゃないと出来ないでしょうからね。

それと、桃の天然水の話は書かないでおきますね

きゃりーぱみゅぱみゅ セカオワ深瀬 花火デート

きゃりーぱみゅぱみゅ セカオワ深瀬 花火デート

え~、きゃりーぱみゅぱみゅと通称セカオワことSEKAI NO OWARIの深瀬慧が、逗子の花火大会でデートしてたと「週刊女性」が報じてます。

まあねえ、ハタチの女の子ですから彼氏とデートしてたってなんもおかしくない話なんですけどね。
PamyuPamyu.jpg

フカオワの深瀬慧ってこんなコです。性格良さそうなイケメンですわね
FukaseSatoshi.jpg

私がきゃりーぱみゅぱみゅに注目するのは、あのPefumeをプロデュースしてる中田ヤスタカがプロデュースして、増田セバスチャンがアートディレクションしてるからなんです。

つまり私には、「きゃりーぱみゅぱみゅ」とは

どこにでも居るような、シャイだけどおもしろい感性を持ったコが、
あんまり話したくないようなダークなジュニアアイドル時代を過ごしてたところ、
PamyuPamyu5.jpg

顔面大改造をして読モやってた高校三年の頃中田ヤスタカと出あい、持ち前のもうれつな上昇志向と、代理店からワケありのプッシュもあり、
PamyuPamyu6.jpg

中田ヤスタカに「PON PON PON」を作ってもらって、増田セバスチャンがビジュアルを手掛けたら、
世界のファッションモンスターきゃりーぱみゅぱみゅ登場です
PamyuPamyu4.jpg

竹村桐子と言うユニークな感性と、中田ヤスタカ、増田セバスチャンと言う天才達の感性を融合したプロジェクトに見えています。
PamyuPamyu3.jpg

この3人の感性があれば、まだまだイケると思います

知花くらら 熱愛 相手が上杉隆ってめでたい気分にならない

知花くらら 熱愛 相手が上杉隆ってめでたい気分にならない

知花くららさん、もはや「2006年のミス・ユニバース世界大会2位」という肩書きが不要なぐらいの、日本を代表する美人ですが、よりによってあの自称「元ジャーナリスト」上杉隆氏との交際報道です。

本当なんですかね。よりによってそりゃ~ないだろーと大声で言いたい気分です。

いまさらですけど知花くららさんってこんなんですよ。もーいやになるぐらい男が寄って来るでしょうに
ChibanaKurara3.jpg

皆さん上杉隆ってどんなひとなのか知ってますよね?
このひとのうさん臭さは書くときりが無いので、Wikiでも読んで頂ければよ~く解かると思いますけど、

なんでですか?ショックが大きすぎます。しかも、交際1年半にもなるとの報道ですからねぇ


知花くららさんって知的な感じがするから、こんな風にどっかのファッションブランドの社長さんみたいなかっこがメチャ似合います
ChibanaKurara6.jpg

こんだけ容姿に恵まれてても、私は知花くららさんから「訴えてくるような色気」を感じた事がありません、しかも、色気と言えば、むしろこんな風にキチッとしたかっこしてる時のほうが色っぽく、はたまたカッコ良く見えます。(色気と言うよりはエレガンスですがね)
ChibanaKurara5.jpg

あ~あ、私は絶対こんなニュース信じませんかなねッ!

山本美月 黒執事メイド役も似合ってる

山本美月 黒執事メイド役も似合ってる

映画「桐島、部活やめるってよ」でJKの制服姿を見せた「CanCam」モデルの山本美月さん、今度はなんと映画「黒執事」で水嶋ヒロ演じる“悪魔の執事”セバスチャンの「同僚」、ドジなメイドのリンを演じるそうです。

ネットじゃあ、まあカワイイ子は何を着てもカワイイと言いながら、メイド服は格別との投稿が押寄せられています
YamamotoMizukiAsahiCom.jpg
Source:asahi.com

山本美月さん、顔ちっちゃいから9頭身ぐらいあります
YamamotoMizuki2.jpg
Source:Sanspo

山本美月さん演じるリンって、一生懸命なんだけどドジで、いつもセバスチャンに助けてもらう役なんですけど、山本美月さんなら原作のリンよりスタイル良いし、まあ原作のファンでも文句言うひといないでしょう。

それにご本人マンガ、フィギュア系のオタクだとおっしゃってますし、コスプレ大好きだそうですから、この役たいそう喜んでるそうじゃないですか。

それにしてもこの黒執事のセバスチャンって、「知識・教養・品位・料理・武術・容姿、すべてにおいて完璧」って事になってますけど、水嶋ヒロがイケメンだから「なんとか」ファンも納得するでしょうけど、

剛力彩芽が、ヒロイン役の幻蜂汐璃ってちょっと苦しいような気もしますが・・・、
なんてったってイギリス名門貴族・ファントムハイヴ家の末裔ですからねえ

剛力彩芽さんには、ゴリ押しのせいで原作とはかけ離れた役柄が来るのは同情してます。
(実写版ガッチャマンの白鳥ジュンみたいに)

まあでも去年から、今年は山本美月さんがブレイクするだろうと言われてただけあって、ここぞの話題作をものにしてますねえ。

まだ今年はあと半分以上あるんで、この調子じゃあ山本美月さん、予想以上の大ブレイクするかも知れませんなあ

舟山久美子 熱愛発覚 くみっきーのお相手は年上美容師

舟山久美子 熱愛発覚 くみっきーのお相手は年上美容師

くみっきーことモデルの舟山久美子さん、熱愛発覚ですぅ。
お相手は、14歳年上のヘアメイクアーティスト・高木裕介さんとの事で、知り合ったのは2年前なんだそうですが、「彼氏」になったのは今年からなんですと。

今やティーン向けファッション雑誌「Popteen」のカバーガールであり、女の子のファッションリーダーとして常に人気の上位に登場する舟山久美子さん、
FunayamaKumiko3.jpg

いわゆるギャルメイクが嫌いな私でさえ、NHK Eテレで「テレビで基礎英語」とか「天才てれびくんMAX」と2本もNHKの番組に出てるとなると、やはりメイクうんぬんではなく、ご本人自身にカリスマ性があると思えます。

実際、くみっきー自身のブログなんかでもしょっちゅうすっぴんを公開してますし、
FunayamaKumiko4.jpg

21歳にしちゃあちと幼い感じがするけど、ギャルメイクしてない舟山久美子さんってふつうに可愛いと思います。
FunayamaKumiko2.jpg

私がこのコがエライと思うのは、言葉使いが丁寧な事で、とかく最近は場をわきまえず、どこでもギャル語で話するコが多いのに、舟山久美子さんはちゃんとした社会人としての常識があるコのようです。

熱愛のお相手は14歳年上というだけあって、長らく悩みごとなんかの相談相手だったんだそうですが、まあ良くある話ですわねぇ。

21歳じゃあ、本当の恋愛経験なんてまだそんなに多く無いでしょうから、
相手がほんとにまともな人なら、ここいらでうんと年上との恋愛経験しとくのは良い事なんじゃないかと、うるさいオヤジは思うのでアリマス。
FunayamaKumiko5.jpg

佐々木希 non-noレギュラーモデル 卒業

佐々木希 non-noレギュラーモデル 卒業

モデル・女優の佐々木希が2010年より務めた「non-no」のレギュラーモデルを卒業するとの発表がありました。

なんで卒業なのかは明らかにされてませんが、女優業にもっとウェイトを置いて活動すると言う事になってます。

佐々木希って、「世界の美しい顔100人」の常連さんになりつつありますが、確かにキレイな顔だと思います
SasakiNozomi11.jpg

でも、モデルなのにサイボーグみたいな感じじゃなくて、なんとなく親近感が涌くのは、いわゆる「日本人体型」だからでしょうか(要するに胴が長い)
SasakiNozomi14.jpg

キレイな顔をプロのカメラマンが撮るんですから、そりゃあ美しいですよ。
でもねえ、そんなに女優に未練があるんですかねえ。
演技はちょっとキツイですよねえ。なんでそっちの方向へ行きたいんですかね。

こうやって静止画だといいなあと思っても、これに演技が付いちゃうと・・・
SasakiNozomi15.jpg

それなのになんでもっと女優やりたいんですかねえ。
確か流行に敏感な世代であろう、中・高・専門・大学生の女性を対象にした「ファッションリーダーはだれ?」みたいな調査では、佐々木希が1位になってるじゃないですか。

つまり、いろいろなジャンルの服装や着方を提供してくれるし、髪型やメイクまで参考にしたいと思ってる女性の数が一番多かったって事ですから、佐々木希さん、貴女にはその才能があるんですよ。

多分、多くの女性が興味を持っているのは、貴女がプロデュースしたウエディングドレスじゃ無いと思います。




今宿麻美 ダウン症の噂吹き飛ばして結婚・入籍

今宿麻美 ダウン症の噂吹き飛ばして結婚・入籍

原宿系ストリートファッションのカリスマモデル今宿麻美さんが、昔からの知り合いだったと言うスタイリストの男性と結婚・入籍をブログで発表しました。

今宿麻美さんが、カリスマモデルと呼ばれるようになったのは、こんな風なガーリーカジュアルと呼ばれるストリートファッションのパイオニアだったからです
ImajyukuAsami6.jpg
ImajyukuAsami4.jpg

今回の結婚報道で知りましたが、今宿麻美さん、いつの間にか35歳になってたんですねえ。
前からどっちかと言うと老け顔(失礼)だったから、そんなには驚かないですけど、こんな画像見るとやっぱオトナの女性だなあと思います
ImajyukuAsamiWWWNumberNine.jpg
Source:WWW.numbernine.com

そう言えば、今宿麻美さんって、そうそうたる国内の雑誌のみならず、一時は海外の雑誌にまで出てた、まぎれもないカリスマモデルでしたが、最近はもっぱら女優を本職にしてるのかと思ってました。なんせヌードでベッドシーンまで披露してますからねえ。しかも主演でしょ。

歳もそうですけど、今回の結婚報道がきっかけで検索したら、歌もうたうんですね、それもアルバム3枚にシングル4枚って、まんま歌手じゃないですか。
知らなかったのでちょっとびっくりです。

今宿麻美さん、貴女を慕ってる後輩のモデルさんが大勢いる事からも、どれだけいいひとなのかが伺い知れます。多分ダンナも貴女のそんなところにホレたにちがいありません。

それはそうと、今後も女優業続けるのですか?
それとも、ファッションブランドのプロデューサーに本腰入れるんですか?
いっそモデルもフォトエッセイストも全部やりましょうよ。



トラウデン直美 CanCam史上最年少の専属モデル

トラウデン直美 CanCam史上最年少の専属モデル

去年9月に「ミス・ティーン・ジャパン」のグランプリ受賞時にご紹介した、トラウデン直美さんが、13歳10カ月と言う「CanCam」創刊以来史上最年少で、専属モデルとしてのデビューを果たす事が発表されました。

トラウデン直美さんも、「ミス・ティーン・ジャパン」の時は、まだまだ13歳らしいあどけない顔してました
TroudenNaomi2.jpg

しかし、その後5ヶ月しか経ってませんので、大きな舞台経験と言えば、「東京ランウェイ」や「東京ガールズコレクション」等4つぐらいなんですが、すでに堂々たるファッションモデルの顔になってます
TroudenNaomi3Sanspo.jpg
Source:Sanspo.com

トラウデン直美さん、普段の顔もすでに中学1年生らしからぬオトナの表情さえ感じさせます
TroudenNaomi3.jpg
撮影・古厩正樹

なんぼプロが撮った写真とは言え、13歳には見えませんねえ、もう「美人」って言ってもよさそうですよね
TroudenNaomi4.jpg
Source:Pearl-Tokyo.jp

昔、だれだったか著名な人が、「女性は知性と品位と教養が無ければ、容姿に恵まれていても美人として完成しない」みたいな事を言ってましたが、

ドイツ人のお父さんは大学の教員だそうですし、日本人のお母さんもその辺は厳しく育ててるようなので、こりゃあトラウデン直美さんの5年後、10年後はどんだけすごい美人になってるのか、また楽しみがひとつ増えた様な気がします。