メディア ダウンロード ニュース iPod 結婚 ヘンリー 独立 iTunes 夫婦 バラード" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
なんと!、まわりにおだてられてブログ再開しました
物好きな方々はぜひお越しください。M
このタイトルをクリックで新しいブログに飛びます→ ニューストレックⅡ

高橋真梨子 「火曜曲!」効果でiTunes上位独占

 -【PR】-


高橋真梨子 「火曜曲!」効果でiTunes上位独占

なんと!、高橋真梨子さんの曲がTBSの「火曜曲!」出演以来、iTunesの上位を連日独占中です。

最初にこのニュースを見た時は、何が起こってるのか見当もつきませんでしたが、

メディアは、総選挙直後のAKB48が出演するからと、高橋真梨子をろくに知らない若い世代がこぞって見たところ、曲と歌唱力に圧倒されて、1曲単位で安く購入できるiTunesに殺到したからではないかと分析しています。

高橋真梨子さん、バラードの女王の貫録です
TakahashiMariko2.jpg

確かに、高橋真梨子さんが番組で歌った「桃色吐息」も、「遥かな人へ」も、それぞれ80年代、90年代の曲ですが、「桃色吐息」はカメリアダイアモンドのCMソングでしたし、

「遥かな人へ」にいたっては、94年のNHK リレハンメルオリンピック テーマソングでしたから、比較的若い世代の耳に残っていたとしても不思議ではありませんが、

70年代の、高橋真梨子さんがまだ「ペドロ&カプリシャス」にいた時代にヒットした「五番街のマリーへ」とか、「ジョニィへの伝言」が5位、6位に入ってるのを見ると、「なんで!?」と思ってしまいます。

だって、AKB世代なんて産まれてもいませんよ。

高橋真梨子のこの辺の曲をいまさら懐かしがって購入しようなんて、50代、60代って事ですよねえ。

そうすると、最近の50代、60代はスマホやiPodを使いこなしてて、iTunesの常連客って事ですかぁ~、カラオケなら分かるんですが、iTunesを日常的に使ってる世代とは、

どうも考えにくいですよねえ、こりゃあやっぱそのすぐ下の世代が、「お~、そういえば親がよく聞いてた曲だわこれ」ってな感じでダウンロードしたって事ですかねえ

最近のヒッ曲にはバラードがほとんど無いですから、若い世代には新しく聞こえたのかも知れません、どれもいい曲ですし、それを「バラードの女王」が歌ってるわけですからねえ

ところで、私は今回Wiki見て初めて知ったんですけど、高橋真梨子さんのダンナって「ペドロ&カプリシャス」でフルートやサックス吹いてたヘンリー広瀬なんですね。

「ペドロ~」からの独立後、紆余曲折の人生を歩んでいたふたりが、10年余りの同棲生活を経て、高橋真梨子44歳、ヘンリー広瀬50歳でのけじめの結婚でした。

円熟した夫婦の深い信頼関係が画像からも伝わってきます
TakahashiMariko.jpg

結婚20年にして夫婦円満の秘訣は、「戦友関係」だとヘンリー広瀬さんはおっしゃってます。

プロデューサーとして、「高橋真梨子」の楽曲やステージを高橋真梨子と共に作り続けて来たからこその深みのある言い方ですねえ。

 -【PR】-



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。